K-7のJpeg。

たまには乗り物でもの画像
PENTAX K-7 & smc PENTAX-DA* 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM – 2009/07/12
F3.5 1/125″ ISO100 Av Center-weighted WB:Auto JPEG/Natural

K-7はJPEG生成の設定項目が多くなった分、色々弄り甲斐があるんですけど、
未だ「コレだっ!」と思うJPEGの設定がイマイチ掴めてません。
この辺も慣れが必要なんですね~。

設定項目が多くなった分、状況に応じてチマチマ変更するより、
何通りか事前にプリセットしておけると良いなと思ったりもします。

だったらRAWで撮っとけ、とも思わないでもないんですけどねw

K-7とK20Dの像消失を比べてみた。

K-7の退院早々、比較するのもなんかアレなんですが・・・w

なんとなく気になってる人も結構いるかな、とか思ってですね、簡単な方法でやってみました。
因みにこの比較はレリーズタイムラグではありません。
単にファインダー像の消失を比べたものですので、ご注意下さいw

方法は簡単。ファインダー像をコンデジの動画で撮りましたw
k-7、K20Dともにシャッタースピード1/125s、絞り値はF4。
動画撮影に使ったコンデジはペンタのA40。
録画の後で消失している間のフレーム数を数えます。

撮った動画の中からブラックアウトの前後を含め、50フレーム分切り出したのが下の動画です。
モデルは、タチコマ君。一瞬で終わりますw

K20Dファインダー内の動画(AVI)
K-7ファインダー内の動画(AVI)
※DivXなので、もしかしたら見れない人もいるかもしれません。

更にこの動画をコマ毎に抜き出したのが、次の画像です。
右下の数字は、動画の何フレーム目かを表しています。
※画像はクリックで拡大します。

K20Dファインダー像消失時間のイメージ

K20D
K-7ファインダー像消失時間のイメージ

K-7

K20Dは5コマ分、K-7は21フレーム目が半端に消えかかってますので2.5コマくらいとしましょう。
これで大体半分くらいに短縮されているのがわかります。

A40は30fpsで録画しますので、一コマ約33.3msとして計算すると、
K20D ⇒ 166.5ms
K-7 ⇒ 83.25ms

こんな感じです。
全く正確ではありません。すいませんw

あと、もうひとつ気がついたのは、K-7の24と25コマ目が僅かにぼやけて見えますが、
これはミラーが落ちきる直前で減速させてるか、一旦止めてるかの、どちらかではないかと
勝手な想像をしてます。
K-7のシャッターが静かで、手に伝わるショックも少ないのはこの2コマ分のおかげでしょうw

ひどくアバウトな比較ですが、皆様の参考になれば幸いです。
間違った点はご遠慮なくご指摘下さい。

そんな訳で、明日からは再びK-7で撮りに行こうと思います。

K-7で普通に撮ってみた。

机の上ばかり撮って、中身の数値ばかり眺めてるのも萎えてきたので、
なんか普通に撮ってみた。・・・けど、なんか微妙な感じで、すんません。
ロダに上げときますので、等倍でも見れます。

2009/07/01 01:38追記
著作者情報入れっぱなしだった。。。うpしてから気がついたorz

画像ID090701007のオリジナルをダウンロード

画像ID090701010のオリジナルをダウンロード

画像ID090701012のオリジナルをダウンロード

画像ID090701013のオリジナルをダウンロード